内田雄介設計室
〒206-0804 東京都稲城市百村1630-6
042-350-3855

blog

内田雄介設計室

撮影|相模原の家

[ 相模原の家 ]

 

先日、お引き渡しになった「相模原の家」へ撮影でお伺いしてきました。

相模原の家は、築約20年の戸建住宅をリノベーションした3人家族のお住まいとなります。

写真家さんの写真が出来るまで、私がiphoneで撮影したスナップ写真をbefore/afterで少し紹介したいと思います。

 

◇玄関

玄関ホールが左にDK、右に2間続きの和室を分ける間取りでした。

分断された間取りは、各々の居室はプライバシーは高まりますが、若いご家族の生活スタイルに合わせ一体感がある間取りへ変更しています。

IMG_1535

(before)

 

IMG_5229

(after)

 

◇和室

二間続きの和室は、奥の10帖の和室は残し、手前の6帖の和室は玄関ホールから続くモルタルの土間スペースとしました。

IMG_1497

IMG_1499

IMG_1500

(before)

 

IMG_5214

IMG_5224

IMG_5221

(after)

 

◇ダイニングキッチン

光が入らいない暗い印象の対面式のキッチンを今回は壁付けとし、明るく広々としたダイニングキッチンスペースとしました。

IMG_1506

(before)

 

IMG_5222

(after)

 

◇2階ホール

階段を上った先のホールは閉塞感のあるスペースでした。そこでホールと洋室を隔てている壁は解体し、階段とホール、そして洋室を一つの空間としました。そのことで、階段を上った先には緑豊かな外部へと視線が抜け明るく解放感のあるスペースを作る事が出来ました。

IMG_1475

(before)

 

DFJD6391

IMG_5234

(after)

 

◇2階廊下

行き止まりに光が入らないため、どんよりとした廊下でしたが、壁を解体し光を取り込む事で

明るさと奥行きを感じる廊下となりました。

IMG_1477

(before)

 

XHFI3026

(after)

 

◇2階洋室

子供部屋として使われていた2部屋は、一つの空間としてまとめました。

視線を遮る既存のバルコニーは撤去し、代わりに窓際はベンチとなるような出窓へと作り変えました。

周辺の山並みを望むことのできる心地よいセカンドリビングとなりました。

IMG_1488

IMG_1483

IMG_1484

(before)

 

IMG_5241

IMG_5240

FXCW1887

(after)